scroll

WHAT’S
1% FOOTBALL CLUB

1%フットボールクラブとは?

「サッカー愛を、次世代につなぐ」
プラットフォーム。

プロサッカー選手や、サッカーにまつわる
活動をしているコミュニティが、

何かの1%を寄付し、
「サッカーをしたくても諦めている子どもたち」

環境を変える活動を実施します。

WHAT’S FOR

寄付金の使い道

love.fútbol Japan が日本、世界で

「経済的・社会的な理由で
サッカーをしたくてもできない子どもたち」の

環境を変える活動を実施します。

国内での使い道

For Domestic

経済的・社会的な理由でサッカーをしたくても諦めている、または続けたいけど悩んでいる子どもたち(国籍問わず)が、2021年以降も安心してサッカーを楽しみつづけられるように、奨励金の支給、社会との繋がりをつくるプロサッカー選手とのオンラインセッション、用具の支援等を通じて応援していきます。

海外での使い道

For International

子どもたちが安全にサッカーできる場所のない地域で、コミュニティ型のサッカーグラウンドをつくっています。グラウンドづくりを通じて、経済格差、人種や宗教等に関わらず、子どもたちがサッカーを楽しめる環境づくりと、グラウンドを拠点とした教育、治安、ジェンダー等の地域課題解決に取り組んでいます。

ORGANIZATION

運営組織

love.fútbol Japan

love.fútbolは、路上でサッカー中に交通事故で亡くなってしまう子どもたちがいる問題を背景に、2006年に米国で設立されたNGOです。安全にサッカーしたくてもできない子どもたちの「環境」を変えるため、世界各地でコミュニティ型のサッカーグラウンドづくりを通じた機会格差の解消と、グラウンドを拠点に教育、治安、ジェンダー等の地域課題解決に取り組んでいます。2020年末までに12カ国で47個のグラウンドが完成し、5万人以上の子どもたちが安心してサッカーできるようになっています。love.fútbol Japanは、2012年より日本支部として、日本・アジア・ブラジルを対象に活動しています。

visit site >

MESSAGE

2021年1月末、プロサッカー選手と『1% Football Club』を開始します。私たちが当たり前に楽しんでいるサッカーを、当たり前にできない子どもたちはどれだけいるのか。その正確な人数は把握されていませんが、国連等の調査によるとその潜在規模を知るだけでなく、「希望」を見つけることができます。世界で、サッカーをしたくてもできない子どもたちの人数は約6.4億人に対し、サッカーファンは35億人。日本ではその数9万人に対し、450万人。世界でも日本でも、サッカーが好きな人たちが少し行動すれば、子どもたちの状況が変わるという希望がある中で、「サッカー愛を、次世代につなぐ」というミッションのもと『1% Football Club』に取り組んでいきます。サッカー選手、コミュニティは、社会を動かすことのできる存在です。『1% Football Club』のメンバーになることを選んでくれたその決断は、サッカーを愛する子どもの今と未来をつなぎ、あなたのサッカー人生で誇れるものになると、私たちは信じています。

『1% Football Club』への参画、お待ちしています。

MEMBER

メンバー

PLAYER

選手

COMMUNITY

コミュニティ

CREATIVE PARTNER

クリエイティブパートナー

JOIN US

参画に興味のある方やご質問は、
こちらよりお問い合わせください。